2010年06月16日

<ユネスコ>無形文化遺産の審査停滞、11件は来年以降に(毎日新聞)

 文化庁は8日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産の「代表一覧表」の記載候補として09年8月に提案した13件のうち、茨城、栃木両県で伝承されてきた染織「結城紬(つむぎ)」と沖縄に伝わる歌舞劇「組踊(くみおどり)」の2件だけに事前審査が行われたと発表した。残る「男鹿のナマハゲ」(秋田県)など11件は来年以降に事前審査が持ち越しとなった。

 代表一覧表は世界遺産の無形版。同庁によると、今回は日本を含め35カ国から147件が提案されたが、事前審査を行うトルコ、エストニアなど6カ国で構成する補助機関が5月17〜20日の期間中に35カ国54件分しか処理できなかった。6月のユネスコ締約国会議で今後、各国の提案数を制限するかを話し合う。

【関連ニュース】
ユネスコ:無形文化遺産事前審査 11件は来年に持ち越し
ユネスコ無形文化遺産:審査停滞、11件は来年以降に
南アルプス:「エコパーク」指定を 3県の推進協と連携−−世界遺産協 /長野
国際親善友情人形:横手・朝倉小に青い目の人形 米から届き歓迎会 /秋田
鎌倉ユネスコ協会:会長に高徳院前住職の妻、佐藤さん就任 /神奈川

<小沢前幹事長>菅政権を「支えて頑張れ」と原口総務相激励(毎日新聞)
日本の時計の歴史をたどる旅――滋賀県・近江神宮(Business Media 誠)
菅首相は山口出身宰相? 地元や中学はイエス、県や高校はノー(産経新聞)
カルテ開示、費用がネック=手数料1万円も、市民団体調査(時事通信)
自殺率・出生率、秋田県が15年連続全国最悪(読売新聞)
posted by フセ タダオ at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。